引越し業者の多くは学生プランという学生の転居を支援するプランを用意していますが、転居するケースで多いのは進学に伴って住んでいた地域を離れる場合で、特に高校を卒業してから専門学校や大学に通うという理由で住み慣れた町を離れて転居する学生が多くなっています。
学生の中にはすべての資金を親に頼るのではなく、自分でこれまでに貯めてきたお金の一部を転居する資金に充てるという学生もいるかもしれませんが、こうした学生のために安価な金額で引越し業者に荷物を運搬してもらうことができます。

ただし、学生が新しい住居に住まいの場を移すのは進学の時期となる春に集中する傾向にあり、この時期は学生に限らず新社会人や異動などの時期と重なります。
引越し業者は一年の中で最も忙しい時期となっている場合がほとんどですが、平日でも予約を取れないことが少なくありません。
そうなると予約を取るだけもかなり難しくなることがあり、予約が取れたとしても十分な割引が受けられない可能性があるので、出来るだけ早めに予約することがおすすめですが、転居が決まった時点で転居の準備は始めておいた方が良いでしょう。

ちなみに学生の場合は転居先にそこまで荷物を持って行かないという学生も多くいると思いますが、特に実家から出る場合は実家に多くの荷物を残すということが考えられます。
この場合は個人の軽自動車がメインとなっている引越し業者でも一回ですべての荷物を運ぶことができることもありますが、これが可能だとかなり安く上がります。