日本の引越し業界No1の称号を得ているのが、サカイ引越センターではないでしょうか。このサカイ引越センターの最大の特徴といえば、徹底したスタッフの教育にあります。平成16年10月に自社研修所が開設、研修センターに運転練習場などが完備されています。

例えば、サカイ引越センター自慢の研修センターは、引越しの現場をリアルに再現することで、実践を出来るだけ意識した環境を作り出しています。実践の現場では決して心配が許されないことから、現場を再現した居住空間を用いて反復練習を繰り返しています。更に、研修センターの2階や3階部分では、洋室リビングや和室の部屋を再現するなど、様々な状況下で実践練習が行えるように徹底しています。そして、運転練習場では、危険な交差点であったりS字カーブをコース上に設けて、運転技術の向上に努めています。引越し業者は、荷物の積み込みや積み下ろし時だけでなく、運転中にも荷物の破損リスクを背負っています。従って、引越しトラックのドライバーは、通常の運転よりも更に精度の高い運転技術が求められることになります。

因みに、サカイ引越センターは昭和46年開設された、新海商運株式会社堺営業所が前身となります。近年では常識となりました、引越し時における段ボールの無料サービスも、サカイ引越センターが引越し業界で始めて取り入れました。そして、家具などの梱包用資材として、キルティングを取り入れたのも、サカイ引越センターが始まりです。